男性側が実践できる妊活もあります。

伝説の看護師転職 > 葉酸サプリ > 男性側が実践できる妊活もあります。

男性側が実践できる妊活もあります。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。

 

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が実践するものがよく紹介されています。

 

しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。

 

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

 

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

 

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

 

ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

 

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。

 

妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

 

葉酸の摂取で、胎児の先天異常を発症させにくくするという話があります。

 

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

 

納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。

 

男性不妊サプリっておすすめなの?

 



関連記事

  1. 男性側が実践できる妊活もあります。
  2. 妊娠初期の女性に欠かせない葉酸!
  3. 葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。
  4. 葉酸が持つ効果は?