葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

伝説の看護師転職 > 葉酸サプリ > 葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

 

妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

 

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。

 

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

 

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

 

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があるというデータがあるのです。

 

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。

 

だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活を始めました。

 

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から冷え症に悩まされていた私は、まず運動で、体を変えてみようと思いました。

 

結果は、意外とうまくいきました。

 

新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

 

男性不妊に効果的な妊活サプリランキング

 



関連記事

  1. 妊娠初期の女性に欠かせない葉酸!
  2. 葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。
  3. 葉酸が持つ効果は?